スポンサードリンク

2007年12月14日

新証券税制について

「新証券税制」とは、2003年1月から開始されている課税制度です。

それ以前の税制では、株による売買益課税は「株式譲渡益」と呼ばれていましたが、新しい税制からは「申告分離課税」として統一されました。

そして、税率についても今までは所得税20%・住民税6%だったものが、所得税15%・住民税5%まで引き下げられました。

さらに、2004年から2007年末までは所得税7%・住民税3%の合わせて10%までになり、国がいかに投資に対しての税率を優遇していたかがわかります。

そのおかげで、ここ最近の個人投資家の増加が著しく目立っており、株式市場も非常に活気付いてきました。

僕が株式投資をはじめたのは2004年頃からなので、丁度この税制の恩恵にありつけたといった感じですね。。。

ただ、会社員などの給与所得者などは株式投資での利益で別に申告するのは非常に手間がかかるとゆうことで、「特定口座制度」も同時に開始されました。

この「特定口座制度」は、証券会社側で売買のたびに税金を算出し、源泉徴収とゆうかたちで税金を差し引いてくれるので、確定申告をする必要がありません。

ただし、頻繁に売買をされる方にとっては、儲けた時だけ税金を取られるので、あまりお勧めできる口座ではないですね。

そういった方は同じ「特定口座」でも源泉徴収なしを選択するほうがよいと思います。もちろん源泉徴収なしなので、自分で証券会社から送られてきた売買報告書をもとに確定申告を行わなければいけませんが。

posted by しん at 16:14| 株の税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。